バッテリー寿命延長・燃費向上、節電と長寿命の照明、工場の臭い・粉塵・油煙を消す、立体機械式駐車装置メンテナンス|株式会社ジャパンハイテクサービス

お問い合わせTel.042-542-1781 リクルート情報


水処理セクション
商品コード:JHSED-W-1002
水ドクター
カタログ
低コストで水処理運転技術を向上・水質改善を!

水ドクターとは?
汚泥減容、水処理に関する企業は多くある中で、株式会社ジャパンハイテクサービスでは 長い実績と経験、そして当社とコンセンサスを同一にする水処理会社をご紹介しています。
当社ではプラントの追加構築や毎日の薬剤投入によるコスト増加はできるだけ避けて処理施設の安定化を図る企業が理想的と考えています。
ただし、微生物投入による汚泥減容が有効な場合もありますので、お客様のニーズに合わせてのセレクトが可能です。
ご紹介するのは水処理に関する知識経験が一流レベルの企業だけ。業界の中には常時減容率90〜99%可能のような謳い文句で成功報酬ではなく、前払い金を請求して企業もありますが、こういった企業様との取引はしておりません。
今回、ご提案するゴーダ水処理技研株式会社はまさに30年の実績を持つ水処理技術のプロ集団。今回これまでの膨大な実績データをソフト化して、お客様の状況を遠隔で確認し、アドバイスをして水質状況を安定化される、これが、水ドクターです。

水ドクターの意義
水ドクター最適な運転管理の指標をご案内するのが目的です。
水ドクターで出来ることは、活性汚泥の健康維持の実現です。
活性汚泥が健康になると、維持管理が安定化します。
安定すると、処理能力が向上します。
バルキングトラブルの要因の一つである糸状性細菌を抑制します。
酸素量が減量傾向になりますので、ブロワ稼働などに使用する電気代が節減できます。
薬剤等の前処理に必要な経費も節減できます。
余剰汚泥発生量も減容するので、汚泥産廃費も削減できるようになります。


水ドクター使用条件
ご利用については、最低4項目の計測項目を原則は毎日送っていただきます。

ご利用をお断りする場合もございます。
・水ドクターに状況入力を行うことができないお客様
・ご請求の金額を延滞あるいはお支払いいただけないお客様。
 ※債務不履行として当社顧問弁護士ともに裁判に発展させる場合もあります。
・反社会勢力に該当する。またそのペーパーカンパニー。

ご契約までのプロセス
①商談
お客様に図面や日量排水、BOD・CODなどの検査書類をもとに、現状の課題を探し出し、水ドクターでの対応が可能かどうか精査します。
この時点で、できるかできないか、どうしても薬剤などを使用しなければならないか を判断します。

②タブレットに水ドクターをインストールします。
タブレットは貴社所有品、お持ちでなければ当社から無料貸し出しも行います。
お客様が改善できたとご判断いただくまでは当社でタブレット代・通信費負担を致します。
※お客様のタブレットを使用する場合、Androidの端末をご用意ください。

③翌日から実際に水ドクターを体験していただきます。
必要な器具として、「ハンディ型PH測定器」「ポータブルOPR計」は必須です。
お持ちでない場合は当社から一定期間無償で貸し出しをします。
使用方法については、当初の3日間程度〜当社担当者が訪問し一緒に改善を進めて 行きますのでご安心ください。
滞在期間中は徹底してバックアップ致します。
佐藤計量器 ハンディ型pH計
SK-620PHII 標準センサ PHP-31付
TOADKK ポータブルOPR計
RM-30P
④レクチャー完了以降はお客様で入力をお願いします。

※テスト期間中の費用は一切発生致しません。当社が持ち出し、負担を致します。  

前払い方式は採用せず、当社がお手伝いにかかった費用を後払いでご請求致します。

⑤水ドクターの導入を決定された時点でご契約となります。

⑥水ドクター導入時の費用について
「水ドクター契約費用」初回費用10,000円
「主治医サービスへの加入」月額10,000円(ご要望の場合)お客様負担
ご契約はゴーダ水処理技研株式会社との直接契約となります。

⑦当社からのご請求 サポート料・販管費・仲介費(地域により異なります。お見積りを致します)

ご請求内容の一例:

経費(勘定科目)

ご請求費用
旅費交通費(実費) 43,600円
雑費(測定部材制作費) 25,000円
雑費(部材代金) 18,000円
人件費(サポート費用/3日) 120,000円
仲介費用 25,000円
ご請求金額 231,600円

⑧その他機器
【お客様ご自身でご購入される場合】
タブレット、PH計、OPR計はご購入までの間、無料で貸し出します。
ただし、ご契約から2週間以内にご用意ください。
ご購入後当社へ郵送にてご返却ください(元払いでお願いします)  
【当社からご購入いただく場合】   
タブレット→販売は行っておりません   
・ハンディ型pH計SK-620PHII 標準センサ PHP-31付PH計   
・TOADKK ポータブルOPR計 RM-30P

【レンタルの場合】   
・タブレット+au7Gまで   
・ハンディ型pH計SK-620PHII 標準センサ PHP-31付PH計    
・TOADKK ポータブルOPR計 RM-30P

⑨アフターケアサービス(無料) 月に一度当社からメール・お電話による確認をさせて頂きます。
※弊社のヘルプなし、機器のみレンタルコースもございます。  
詳しくは当社担当者まで。

水ドクター実績
現在100社と契約。解約なし。食品工場多数。

お問い合わせ先
株式会社ジャパンハイテクサービス
環境事業部 水処理セクション 稲葉 聡人
携帯:080-6694-0245



by Adart link Page Top
Copyright & Copy; 2013 Japan hightech service co., ltd. All rights reserved.